» 2012 » 2月のブログ記事


GLOBAL DATAを使っている顧客からテストメールが届いた。
カントリータイプの契約で、マレーシアからメールが届いたわけだが…

Outlook2010では迷惑メールとして扱われてしまう。
ちなみに、そのメールにはURIなどはもちろん記載されていない。ただのテキストメールだ。そして、サーバー側での迷惑メールフィルタはOFFにしてある。
ドメインの登録してあるサーバーと経由するサーバーの違いが原因なのだろうが…

私が使っている独自ドメインは、XreaやCoreserverに登録してあるのだが、そのドメインのメールを使って大手の会社にメールを送ると、かなりの確率で、メールサーバーのフィルタにかかって担当者には届かない。
そういったこともあり、顧客先の取引先によっては、XreaやCoreserverは薦められない。

それはさておき、おそらく、マレーシアからのメールも大手のメールサーバーでは迷惑メールにされてしまう可能性が高そうだ。
迷惑メールを回避するためには、ブラウザを使って送るWebメールを使う方が確実かもしれない。


私は使っていないのだが、どうやらiCloudで、ブックマークの共有をすると、IEのお気に入りに大量のフォルダが作成される現象が起こるらしい。
ちなみに、Dropboxでお気に入りの共有も行っていたらしい…

それぞれのソフト(サービス)を単独で動作させる場合は、おそらく問題ないのだろうが、同期ソフトを併用することが問題のようだ…?!

ファイルやフォルダが増殖するようなら、

(1)ウイルスを疑う
(2)同期ソフト(クラウドサービス)の併用(重複設定)を疑う

のが良いようだ。


さて、またまたサーバーのお引っ越し。

今度はcore miniからcore aへ!

今回の引っ越しの理由は、オンラインデータベースを使ったアプリ開発に伴い、将来にわたるデータ容量がcore mini(10GB)では心許なかったのと、負荷率やメールの配信上限にも不安が…

そんなわけで、core Aへ

引っ越し対象は、メインのドメインとブログドメインとアプリケーション用のドメインだ。
ここで問題となるのが、ブログのデータベース。
前回の引越では、引越先にWordPressを再インストールし、WPの機能を使ってデータの保存と復元を行ったように記憶しているが、これだとうまくいかなかったので、今回は違う方法にした。
作業手順は以下のとおり。

(1)引越直前の作業

 Coreserverのアクセスログを取得
 引越対象のメールを受信

(2)DNS設定を変更

 当該ドメインを一時的に使えなくする(引越先には設定しない)。
 引越元のCoreserverのドメインウェブの設定を削除

(3)DBの保存

 引越前のCoreserverのDB管理画面からDBのデータを保存し、Coreserverのファイルマネージャを使って保存したファイルを自PCにダウンロードする

(4)サーバー間のデータコピー

 引越先のCoreserverのサーバー間コピーから、各ドメイン(サブドメイン)のデータを引越元からコピーする。
 WEB用データのみで、メールのデータはあきらめる。(← やってみたが動かなかった)

 ※引越元のFTPのアカウント情報が必要

 サーバー間コピーを使用すると、パーミッションもそのまま引き継がれるようだ。

 コピーの進捗はわからないので、同時に色々やらない方がよい。
 コピー中は、おとなしく待ち、時折、ファイルマネージャでどの程度コピーされたか確認するのが無難。
 

(5)DBの復元

 引越先Coreserverで、引越前と同じ文字コードのDBを作成(名前は異なってもよい)
 引越先Coreserverのファイルマネージャで、自PCに保存したDBのファイルをアップロード
 引越先Coreserverのデータベースで、復元先のDBを選択し、「復元」ボタンでデータを復元する。

(6)DNSを引越先サーバーに変更

(7)引越先Coreserverで、ドメインウェブの設定

おしまい。


顧客先からマレーシアでインターネットが使いたいとの要望が…

現在顧客先ではe-mobileの国際ローミングが使用できるようにしてあるのだが、概ねどこでも使える反面、従量制の料金体系がいただけない。
そこで、GLOBAL DATAに目をつけた。

GLOBAL DATAでは、いろいろなタイプのサービスがあるようだが、カントリータイプのUSBタイプのものを借りることに…
私が借りるならWi-fiのものを借りるのだが、ご年配の顧客には、Wi-fiの設定やトラブル時の対応が困難だろうから、USBタイプを薦めた。
USBタイプはソフトウェアのインストールはあるものの、バッテリー切れの心配がないので、トラブル時の原因究明が比較的容易だろうと考えたからだ!!

結局、保険等を入れて4日間で6,000円弱となった。
出国日の2日前までの申し込めばOKという点も助かりました。

今回は、成田発、羽田着なのですが、空港での受取、返却もできるので、けっこう利便性が高いです。
もちろん、郵送での受取・返却も可です。

あとは無事につながることを祈るだけです。

ちなみに、申し込みの際には、往復の便名,往路の発時刻,復路の着時刻を入力する必要があるので、事前に用意しておいた方がよいですよ。申込み途中でタイムアウトでやり直し…なんてことにならないように…


Windows環境でドイツ語入力が必要に…
「ドイツ語入力」とYahoo!で調べたら、わかりやすいサイトを発見!!

http://wm.tamagawa.ac.jp/manual/Bb/user/FirstStepMyPC_ja_JP/appendix/FirstStepMyPC_c14appendix_13.htm

ブログ検索

ブログカレンダー

2012年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

Yahoo!ショッピング

アクセスカウンタ

  • 本日(回): 15
  • 週間(回): 411
  • 合計(回): 273599

Since 2011/07/01