» Windowsのブログ記事


MicrosoftからWindowsXPのサポート終了のアナウンスがなされてから、巷ではにわかに買い換え需要が発生しています。
クライアントの中には、

サポートが終了したらWindowsXPが使えなくなる

とか、

WindowsXPのサポート終了 → パソコンを買い換えなければならない

と思いこんでる方も結構おられます。
そんなことはありません。
サポート終了後もWindowsXPは使うことは可能です。セキュリティの脆弱性を補ったりするアップデートが提供されなくなりますが…
しかしながら、現状でもWindowsアップデートを使っていなかったり知らないユーザーは多く、そのような方々はそもそもせっかくのサポートを受けておられないわけで、「WindowsXPのサポートが終了しようがしなかろうが関係ないじゃん」と思ったりもします。
Windowアップデートはこまめに行いましょう(笑)。

さて、不幸なことにXPの後継OSであるVistaがとてもとても不評だったこともあり、企業用のパソコンは XP と「7」で大半を占めています。ちなみに「8」も不評でした。「7」の発売当初もXPを好んで購入される方も結構いたわけで、そういったユーザーが使用するPCは、ハードウェアのスペックが割と高かったりするんです。Core2Duoの3GHzとかね…

Office(Word,Excel)などの事務系アプリを多用する分にはIntelならばCore2以降の、AMDならばAthlon64X2以降の2.0GHz以上でDualCore以上のCPUであればそれよりも新しいCPUであっても体感差はさほどありません。
ここ数年で販売されているPCは、メモリも最低2GB以上搭載されているし、光学ドライブもDVD-SuperMultiが当たり前。
せいぜいHDDの容量が違うくらいなものでしょう。

新しく購入するPCのCPUが CeleronDC や PentiumDC または Core i3 の2~3GHz程度のモノであるならば、今使っているPCのHDDをSSDに変更して、OSをWindows7にした方が体感速度と作業効率は格段に向上します。あくまでも事務系アプリがメインの場合です。
なぜならば、パソコンが遅いと感じるハード的な原因のほとんどはHDDにあると言っても過言ではないからです。

ってなわけで、客先のPCをパワーアップしました。
元のPCはDELL C521という機体。2006年12月に約160,000円で購入し、7年間使用…古っ!!^^;。
ということは、減価償却が1年当たり2.3万円(= 16万円 / 7年)
現在のスペックと変更後のスペックは次の通り。

CPU:Athlon64X2 2.6GHz
RAM:2GB → 4GB(+3,000円)
STORAGE:HDD160GB → SSD250GB(+18,000円)
GPU:Radeon X1300 Pro → RadeonHD5450(+3,000円)
OS:WindowsXP Pro → Windows7 Pro 32bit(+16,000円)
合計 約40,000円

最初は、Dell Vostro270Sへの買い換えを検討しておりました。購入予定だったVostro270sのスペックは次の通り。

CPU:PentiumDualCore 3GHz
RAM:4GB
STORAGE:HDD500GB → SSD250GBに変更(+18,000円)
GPU:CPU内蔵
OS:Windows7 Pro 32bit
合計 約70,000円

元のPCが7年ものとかなり古いので、個人的には後者の案の方がよいのでしたが、XPのサポート終了に伴う降って湧いたかのような買い換えなので、無意味な支出は極力少ない方がよいとのことでハードウェアの増強で対応することに。「ハードウェアの増強に40,000円も?」と思うかもしれないが、SSDの18,000円は、新規にPCを購入しても発生する費用なので、実質的な負担は22,000円となる。またSSDへの交換は2~3倍の速度向上が期待できるので、投資効果は額面以上に大きい。
今まで減価償却を2.3万円/年で行ってきているので、今回のパワーアップで1年以上延命ができれば十分だろう。


概要

マクロ屋本舗/LicenseManagerは、Windowsアプリケーション開発者およびVBA/マクロ開発者向けのライセンス管理システムです。
LicenseManager(exeファイルと認証ファイル)を作成されたプログラム中に組み込むことで簡単にライセンス認証を行うことが可能です。
ライセンス認証は、オンライン認証とオフライン認証の両方に対応しています。

主な機能

  1. ライセンスキーの作成機能
  2. 4種類×4タイプ≒計14タイプの機能別ライセンスキーの作成が可能。
    ライセンスキー種類によって、オンライン認証,オフライン認証,アクセスログの記録の有無を識別されます。
    また、ライセンスキーには、標準型,起動回数制限型,有効日数型,有効期限型のタイプがあります。

  3. ライセンスキーの発行機能(メール送信機能)
  4. 発行したライセンスキーをメールでユーザーに配信することができます。

  5. ユーザー用のライセンスキー登録インターフェースの提供
  6. ユーザーがライセンスキーを登録・停止するためのユーザーインターフェースを提供します。

  7. 発行済みライセンスキーの無効化機能(不正利用防止用)
  8. 既に発行したライセンスキーで不正利用が発覚した場合は、当該ライセンスキーを無効にすることができます。また、不正利用の指標となる指数がわかります。

  9. ソフトウェア利用状況の確認機能
  10. ライセンスキー毎に起動回数がわかるので、ソフトウェアがどの程度利用されているかを把握することが可能です。
       

  11. フィードバック機能
  12. ユーザーがソフトウェア開発者への質問や意見を入力・送信するためのインターフェースを提供します。

  13. フィードバックお知らせ機能
  14. ユーザーからソフトウェア開発者への質問や意見があった場合に、メールでお知らせします。

LicenseManagerのメリット

販売されたソフトウェアのライセンスキーが登録された時点で課金されるので、ソフトウェアの販売価格にライセンス管理料を組み込むことで、開発者の実質的な負担は無料となります。

LicenseManagerの仕組み(抜粋)

現在、自ソフトに組み込み、テスト運用中です。
興味のある方はご連絡を…


ファイル名を取得』をバージョンアップしました。
『ファイル名を取得』は、累積で約3,000本程度ダウンロードされているソフトで、名前が示すように、ファイル名をテキスト形式で取得するためのものです。

どういうシチュエーションで役に立つか…

・メールの添付ファイルのリストを付けたいとき。
・mp3などの楽曲ファイルのリストを作成したいとき。
・ダウンロードしたファイルのMD5ハッシュを確認したいとき。

など、ちょっとしたときに便利です。

常駐させれば、タスクトレイアイコンを使って簡単に設定を変更することができます。

このソフトは、今までは、フリーソフトとして提供してきましたが、今回のバージョンアップに伴い、個人利用の場合に限りフリーソフトとして提供することにしました。
無料使用の詳細な条件は、ダウンロードファイルに同梱されているReadme.txtをご参照ください。
なお、フリーの要件を満たさない場合でも、1ライセンス120円(税込み)なので、作業の効率化からすると、割安ではないかと…
ご理解ください。

とはいえ、今までご愛顧いただいている商用利用ユーザー様もいらっしゃると思いますので、先着100ライセンスに限り、無料でライセンスキーをご提供いたします。

商用利用のユーザー様で、無料でご利用になりたい場合は、次のライセンスキーを使用して下さい。

3101-7223-9579-5100-2005-4689-7941-4061

※ユーザーID欄への入力は不要です。

このライセンスキーは、登録順で先着100ライセンスまで有効です。100ライセンスを超えると自動的に認証されなくなりますので、ご了承ください。また、本件に対する質問等は受け付けておりませんので、ご了承ください。

運良く、このブログを発見し、無料のライセンスキーをゲットできた場合は、是非他の方にもこのソフトを紹介してください。


Windows環境でドイツ語入力が必要に…
「ドイツ語入力」とYahoo!で調べたら、わかりやすいサイトを発見!!

http://wm.tamagawa.ac.jp/manual/Bb/user/FirstStepMyPC_ja_JP/appendix/FirstStepMyPC_c14appendix_13.htm


PIXELAのPIX-DT230-PE0というTVチューナーカードを買いました。

ところが、Windows7のEnterpriseには対応していないことが判明。
確かに、仕様にはそのように書いてありますが、「大丈夫だろう」と甘く見ていたのがいけなかった。
本当にインストールできません。

付属CD-ROMには、StationTV Xというソフトとドライバが入っています。
自動起動で立ち上がるインストーラーで、「このOSには対応していません…」という旨のメッセージが表示されます。

ここであきらめずに、ドライバとStationTVのSetup.exeでインストールを試みました。
ドライバはインストールできましたが、StationTVがやはりダメです。
最新版でもダメでした。

というわけで、OSの入れ替えを決行予定…
忙しいときに限ってトラブルが…
あぁ、面倒くさい!!

PIX-DT230-PE0には、WMC対応のリモコンがついているのだが、PIX-DT230-PE0自体はWMCに非対応とのこと。
WMCでチューナー(地デジ1,衛星1)が認識されるが、B-CASカードは認識されないようだ。
このリモコンはいつ使うのか?
ナゾだ!!

ブログ検索

ブログカレンダー

2017年9月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Yahoo!ショッピング

アクセスカウンタ

  • 本日(回): 15
  • 週間(回): 411
  • 合計(回): 273599

Since 2011/07/01