» VisualBasicのブログ記事


概要

マクロ屋本舗/LicenseManagerは、Windowsアプリケーション開発者およびVBA/マクロ開発者向けのライセンス管理システムです。
LicenseManager(exeファイルと認証ファイル)を作成されたプログラム中に組み込むことで簡単にライセンス認証を行うことが可能です。
ライセンス認証は、オンライン認証とオフライン認証の両方に対応しています。

主な機能

  1. ライセンスキーの作成機能
  2. 4種類×4タイプ≒計14タイプの機能別ライセンスキーの作成が可能。
    ライセンスキー種類によって、オンライン認証,オフライン認証,アクセスログの記録の有無を識別されます。
    また、ライセンスキーには、標準型,起動回数制限型,有効日数型,有効期限型のタイプがあります。

  3. ライセンスキーの発行機能(メール送信機能)
  4. 発行したライセンスキーをメールでユーザーに配信することができます。

  5. ユーザー用のライセンスキー登録インターフェースの提供
  6. ユーザーがライセンスキーを登録・停止するためのユーザーインターフェースを提供します。

  7. 発行済みライセンスキーの無効化機能(不正利用防止用)
  8. 既に発行したライセンスキーで不正利用が発覚した場合は、当該ライセンスキーを無効にすることができます。また、不正利用の指標となる指数がわかります。

  9. ソフトウェア利用状況の確認機能
  10. ライセンスキー毎に起動回数がわかるので、ソフトウェアがどの程度利用されているかを把握することが可能です。
       

  11. フィードバック機能
  12. ユーザーがソフトウェア開発者への質問や意見を入力・送信するためのインターフェースを提供します。

  13. フィードバックお知らせ機能
  14. ユーザーからソフトウェア開発者への質問や意見があった場合に、メールでお知らせします。

LicenseManagerのメリット

販売されたソフトウェアのライセンスキーが登録された時点で課金されるので、ソフトウェアの販売価格にライセンス管理料を組み込むことで、開発者の実質的な負担は無料となります。

LicenseManagerの仕組み(抜粋)

現在、自ソフトに組み込み、テスト運用中です。
興味のある方はご連絡を…


VB.NET2010で参照エラーが発生した。

1つのソリューションの中には2つのプロジェクト a , b が入っている。

(1)a
(2)b

aは、WindowsFormからなるプロジェクトで起動時に読み込まれる。
bは、クラスライブラリ。

aのプロジェクトのプロパティで、bのプロジェクトを参照。

通常は、Imports a でインポート宣言をすれば、bのライブラリに収録されているPublic Shared 宣言されたプロシージャを使用できるようになる。
が、しかし、プロシージャの中に次のプロパティ

System.Web.HttpUtility.UrlEncode( STRING,ENCODING )

が入っていると、aからbを参照できなくなるというエラーに遭遇した。
これは、編集中はエラーとして表示されないが、ビルドした時に初めてエラーになる。

困った。

解決。
bは、.NetFramework 4で作成している。
aは、.NetFramework 4 Client Profile で作成されていた。
両方とも .NetFramework 4 にすることで解決。

半日無駄にしたが、まあよしとしよう。

ブログ検索

ブログカレンダー

2017年9月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Yahoo!ショッピング

アクセスカウンタ

  • 本日(回): 15
  • 週間(回): 411
  • 合計(回): 273599

Since 2011/07/01