グラフィックが運営するSmapriは、オンラインの印刷サービスなのだが、発注時には注意しないといけないことがある。

当方の場合、発注データはPNGファイルにして送っている。
その理由は、種々のアプリ形式(Word、PowerPoint、PDFなど)では体裁や色情報が崩れないかが心配なためだ。
ちなみに、仕事柄、色にはこだわらないのでsRGBが使えれば十分なのだが、透過画像は色つぶれが起きないかが心配。

過去、Photoshopで作成した名刺、チラシをpng形式で保存、送付して発注したのだが、グラフィックから電話がかかってきて、「端に白い筋が入りますがどうしますか?」との連絡が幾度とあった。

目視では確認しにくい1ピクセル分の白いラインが入っている。
原因は不明だ。
しかしながら、こんなのを発見して連絡してきてくれるグラフィックはすごい。
とてもありがたい存在だ。

今日はPowerPointでチラシを作成し、AcrobatでPDF(High Quality Print) にした後、同AcrobatでPNG(600dpi)に保存している。
できあがったPNGを見ると、確かに白い筋が右端に。

今では、101%印刷で1%分の余白をカットすることで対応してもらっていたが、今回は、1%カットされてしまうと少し困るデータなだけに事前に気づけて良かった。
今回はたぶん大丈夫なはず。


ちょっとメモ書き

PPTPサーバー機能を持ったBUFFALO無線LANルーター

■1000Base-T
WZR-HP-G450H
WZR-HP-AG300H
WZR-HP-G302H

■100Base-TX
WHR-300HP
WHR-300
WHR-HP-G300N
WHR-G301N

■メモ
・最新シリーズではPPTPサーバー機能は削られたようだ。
・無線LANルーターでは、WANポートがGigabit対応でもスループット(FTP,PPPoE)が150Mbps前後とあまり数字よくない(WZR-HP-G302H)。※他の機種はスループットを書いていない。
・PPTPクライアント機能がないので、LANとLANを常時接続するようなつなぎ方はできない。
・VPNパススルーがPPTPにしか対応していない。
・DDNSが限られたところのサービスしか使えない。

■考察
上記の無線LANルーターをVPNサーバーとして使用するのであれば、外部からのアクセスは1台が現実的と思われる。複数台のPCあるいは拠点間をつなぐのであれば、スループットが高い有線LANタイプのBHR-4GRVを使った方がよいだろう。
ちなみに、BHR-4GRVのスループットは、FTPが約500Mbps,PPTPサーバーとしては、約30Mbps程度なので、実質4MB/sec程度しか期待できない。
無線LANルーターのPPTPサーバーのスループットは、有線タイプのもののFTPのスループットの低減率から推察すると、10Mbps弱(約1MB/sec)となる。
BUFFALO製品のVPNサーバー機能はあくまでもコンシューマー向けなので、常用するというよりは、いざというときのお守り程度に考えていた方がよいのかもしれない。
安定した接続を確保したいのであれば、ルーター搭載のVPNサーバー機能は使用せず、別途VPNサーバーを用意した方がよい。その上で、PPPoEなどのスループットが高いルーターを使う方がよいのだろう。
ちなみに、コンシューマー向け製品であれば、NECのAterm系の無線LANルーターならばスループットが約900Mbps程度でている。
確かIPSecパススルーも対応していたような…


怪しいメールが届いた。
差出人は、Google Corporation となっている。
しかしながら、アドレスのドメインは、@webname.com 。
宛先の記載はない。

そしてご丁寧にWordの添付ファイルまで付いている。
添付ファイルのタイトルは、「Google Anniversary.doc」

どう考えてもマクロウィルス付きの添付ファイルだよなぁ~^^;


Panasonic Let’s note SX1 CF-SX1GEADRを1ヶ月ほど前に購入しました。

■良いところ
・高解像度・ノングレア液晶
 画面サイズ(12.1インチ)の割に解像度が高い(1600×900)のでモバイル機としては作業性がよい

・長時間駆動
 カタログ値は約18時間(標準バッテリーLの場合)だが、実際は80%充電で6~8時間といったところ。

・比較的軽い
 標準バッテリー搭載で約1.4kgだが、持ってみると1.4kgより軽く感じる。

・薄い
 CF-Sシリーズとは異なり、全体的に同じ厚み(約3cm)で鞄の中でかさばらない。
 ホールド感もよい。

・欲しい機能は概ね揃っている
 Web-Cam,DVD-SuperMulti,Bluetooth 2.1,SDXCカードリーダー,USB3.0×2ポート+USB2.0×1ポート

・バッテリーが2つ
 標準バッテリーと軽量バッテリーの2つが同梱されているので、軽量バッテリーを非常用として使用できる。

・ACアダプタが2つ
 高電流(4.06A)タイプのACアダプタと低電流(1.5A)タイプの軽量ACアダプタの2つが同梱されているので、据え置き用とモバイル用で使い分けができる。高電流タイプの大きさも十分に小さい。

・DDR3のS.O.DIMMが使用可能
 SX2はDDR3Lなので、増設メモリの値段が高い。

・SSDの換装が比較的容易
 2.5インチ、7mm厚のストレージのみ換装可能。難しくない。

■悪いところ
・画面の発色
 画面の発色が全体的に暗く、フォトレタッチ系のの処理にはあまり向かない。

・低電流型のACアダプタに…
 低電流型のACアダプタは、PC使用中は充電できないとなっているが、当該ACアダプタを使用すると、PC使用中でもバッテリーがわずかに減っていく。
 HDDを512GBのSSDに、メモリを+8GB(仕様上は+4GBまで)にしたせいかも。

・実際のバッテリー稼働時間
 購入前は、大小2つのバッテリーで、終日大丈夫だろうと思っていたが、両方併せて、9時間(=6+3:80%充電)が安全圏といったところなので、ACアダプタはやはり必要だ。
 しかし、上述のように、低電流のACアダプタには難あり。


P-06D(黒)を購入して3週間くらいが経過しました。
Xi対応のスマホだと、通話料金が高い(30秒:21円)ということから、FOMA対応の当該機を購入。
使用感を以下に記載。
※他のスマホを使ったことがないので、主観的な感想です。

■良いところ
・適度な大きさ,重さ,スペック
・カバーなしでも傷が目立たない背面カバー。
 ゴムとプラスチックの間のような触感なので手になじみ、ホールド感がよい。

■悪いところ(当該機固有の問題とは限らない)
・テザリングをONにすると、BluetoothとWifiがOffになる。
・ナビダイヤルを使ってる際に、「1」をタップすると、画面が消える。
 ※バージョンアップで解決したような感じがする。
・標準的な使い方だと、電池の減りが早い。
 ※ビューブラインドを有効にしておくと、電池の減りはありまり気にならない。
・急速充電(5V,2.1A)を使うと、本体が熱くなり、OSが固まる。
・保護シールを使用してるが、カメラ(静止画)のピントがかなり甘い。
・PCと接続するツールがメーカから提供されていない。

基本的にはオーソドックスなスマホなので、目立って良いところも悪いところもないといった感じです。

ブログ検索

ブログカレンダー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Yahoo!ショッピング

アクセスカウンタ

  • 本日(回): 1
  • 週間(回): 113
  • 合計(回): 334992

Since 2011/07/01