» アイコンのブログ記事


Word2003からFaceIdを抜き出してみた。


(1)Greenfish Icon Editor を起動する

Greenfish Icon Editor を起動します。ここではバージョン2.1を使用します。
起動時の画面レイアウトは、ユーザーによって多少ことなると思いますが、ここでは画面に出ているツールバーやレイヤー管理ウィンドウ等は使用しないので気にしなくてOKです。

Fig.1 Greenfish Icon Editor のメイン画面

(2)ファイル(shell32.dll)を開く

アイコンが収録されているファイルを開きます。
ここでは、c:\Windows\System32\shell32.dllを開きます。
ファイルの開き方は2通りあります。一つはメニューから「ファイル」-「開く」で該当するファイルを開くやり方です。もう一つは、エクスプローラで該当するファイルをGreenfish Icon Editor にドラッグ&ドロップするやり方です。後者の方が楽です。

Fig.2 shell32.dllを開く

(3)該当するアイテムを選択する

アイコンやカーソルとして抽出したいファイルを選択します。CTRLキーやSHIFTキーを使うと複数のアイテムを選択することが可能です。

Fig.3 すべてのアイテムを選択

(4)該当するアイテムをアイコン・カーソルとして抽出・保存する

アイテムを抽出する方法は2つあります。一つは、メニューから「ライブラリ」-「抽出と保存」を選択するやり方です。もう一つは、抽出アイコンを使うやり方です(Fig4にマーキングしてあります)。
いずれかを行うと、抽出先を選択するダイアログボックスが表示されるので、抽出先フォルダを選択します(Fig.5)。

Fig.4 選択したアイテムの抽出と保存

Fig.5 抽出・保存フォルダの選択

(5)アイテムを確認する

抽出されたファイルをエクスプローラーで確認します(Fig.6)。
カーソルファイルは *.cur ,アイコンファイルは *.ico として保存されます。
これらのファイルには、様々な大きさ・カラーのアイコンやカーソルが含まれています。

Fig.6 抽出・保存されたアイテムの確認

(6)関連するサイト


http://greenfish.xtreemhost.com/

ブログ検索

ブログカレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Yahoo!ショッピング

アクセスカウンタ

  • 本日(回): 143
  • 週間(回): 334
  • 合計(回): 276549

Since 2011/07/01