開発メモ:VSTO v3とOffice2003でWindowsインストーラーの作成…

| VSTO | | コメントはまだありません

比較的容易にWindowsインストーラーを作成できた事例

(1)VisualStudio2010(VSTO v4)+Office2010
(2)VisualStudio2008(VSTO v3)+Office2007

Windowsインストーラーの作成を挫折(?)した事例

(3)VisualStudio2010(VSTO v4)+Office2007
(4)VisualStudio2008+Office2003 (*1)
(5)VisualStudio2005+Office2003 (*1)

試していない組み合わせ
(6)VisualStudio2005+Office2007

*1 : 外部のDLLを参照しなければ簡単にできる。

ちなみに、インストーラーの作成に当たっては、VS2008+Office2003の場合は、VS2005+Office2003と同様な方法で行う。
VS2008+Office2007の情報を参考にしてはいけない。
また、アドインとドキュメントでは信頼付与の作法が異なるので、異なる対象の情報も参考にしてはいけない。

さて、本題…
今、直面しているのは上記(4)のケース。
外部のDLLをプロジェクトに追加し、参照するとインストーラーを使ってインストールしてもうまく動かない。
上記(1),(2)の場合は、このトラブルは無かった。
おそらく、外部参照のDLLにも信頼を付与する必要があるのだろう…
というわけで、試行錯誤中!

INFORMATION

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

ブログ検索

ブログカレンダー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Yahoo!ショッピング

アクセスカウンタ

  • 本日(回): 2
  • 週間(回): 114
  • 合計(回): 334993

Since 2011/07/01