HighPoint RocketRaid 2310


HighPoint RocketRaid 2310というRAIDカードをオークションで入手しました。
これは、PCI-Ex4,S-ATA2対応のRAIDカードです。

このRAIDカードを購入したのは、先日ブログでも書いたようにデータ用の2TBのHDDがいっぱいになってしまい、2TB以上のHDD(RAID1)が現在使用しているPCでは使えないためです。

容量不足とパーツの相性問題を解消するために考えた手段は次の通り

(A)2TB以上のHDD RAIDに対応したM/Bに買い換える
(B)S-ATAポートの多いM/Bに買い換える
(C)増設カードでS-ATAポートを追加する

ちなみに、この前提条件としては、
・M-ATX仕様のマザーボードであること
  PCの設置場所の関係で高さが400mmまでのケースしか入らないため
・外付けHDDでの増設は不可
  RAID1で運用するので、信頼性の高いシステムにしたいため。
  ちなみに、コレガやセンチュリーなどのRAID対応の外付けケースがあるが、
  これらは常時稼働をするにはあまりにも心許ない。
  加えて、内蔵よりは消費電力が増えるのでNG
・S-ATAの必要個数は、7ポート以上
 (1)SYSTEM用HDD(またはSSD) → 1ポート
 (2)オプティカルドライブ → 1ポート
 (3)一時的に利用するHDD用 → 1ポート
 (4)データ用(RAID1) → 2ポート
 (5)データ用(RAID1) → 2ポート
といった具合。

上記(A),(B)案は、CPUの追加購入を伴うため費用的にNGとなることから消去法で(C)とした。

ところが、このRAIDカードが結構クセモノでした。
(このカードのせいではないかもしれないが…)

このカードを使う上での注意点は、次の通り。
 旧式のM/Bでは、PIC-Ex16ポートを使用することになるが、この場合に、BIOS上でPCI-Ex16のGraphic機能を使用しないよう設定する。あるいは、優先度を下げる。
 これをしないと、LGA775のG45マザー(ASUS P5Q-EM)では、HDDを全く認識しなかった。この状態では、RAIDカードのBIOSを更新しようとしてもカード自体を認識しません。また、G45マザーでは、S-ATA3対応のHDD(2TB)を認識しなかった。
 M/BのBIOS設定で、いろいろと調整できるのだろうが、設定如何では、動作が不安定になりそうなので、心情的にも不安になりG45マザーでの使用は断念した。
 そこで、785G(SB710)マザーでチャレンジしてみた。特に問題なく動くようだ。
 というわけでしばらく様子を見てみることに…

INFORMATION

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

ブログ検索

ブログカレンダー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Yahoo!ショッピング

アクセスカウンタ

  • 本日(回): 1
  • 週間(回): 113
  • 合計(回): 334992

Since 2011/07/01